結婚式って高い

一生に一度の結婚式、費用はかりますが一生の思い出になる結婚式をなんとか挙げたいですよね。

日本での結婚式の平均費用は400万円と言われています。ご祝儀で多少相殺されるとはいえ、まとまったお金がないと挙げられません。親の援助があればいいですが、社会人にもなって親の援助を受けたくないという人も多いはず。

そこで、ウェディングローンとかブライダルローンという便利なローンがあります。銀行や信販系の会社が取り扱っていますが、実際の手続きは見積書を提出して審査に時間もかかったり結構面倒です。

そこで、オススメなのはいわゆる使途自由なカードローンを使う方法です。銀行や消費者金融なら手続きも簡単で審査結果も早く出ます。借りる金額や会社によってはウェディングローンを組むより金利も安くなることもあります。ローンカードを作っておけば、今後結婚式以外にお金が必要になったときでもすぐにコンビニATMでお金が借りられますから、すごく便利ですよ。


ここでは、いくつかおすすめのローン会社を紹介します。

100万円以上の高額融資におすすめ!

カードレスなら家族にバレない!

大人のカードローン!30~50代の方におすすめ!
  • 業界最低金利 1.7%~17.8%
  • 融資限度額は余裕の最高800万円!
  • 提携ATMの手数料が全時間帯で無料!(※1)
※1 提携ATMは、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、イオン銀行、西日本シティ銀行、Enet です(2017年5月末現在)。
学生・主婦・パートアルバイト向けではありません。
200*200
最短1時間融資も可能!「瞬フリ」で24時間振込融資!
  • 最短1時間融資も可能!振込み融資可能(※1)
  • 「瞬フリ」なら24時間振込融資(※3)!
  • WEB申込後に自動契約機に行けば自宅に郵送物が届かない
  • カード発行無しも対応可能
  • 30日間無利息サービス(※2)
  • 3秒診断で借り入れ可能かスグに分かる
  • 女性専用窓口は プロミスレディース
  • 実質年率 4.5%~17.8%、限度額最高 500万円
※1 平日の14時までにWEB契約完了が必要。又はWEB申込後に自動契約機に行けば14時以降や土日祝日でもすぐ借りられる。
※2 メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要
※3 三井住友銀行かジャパンネット銀行口座をお持ちで22時までに契約完了すれば
スマホだけでATMが使える!
  • WEB完結申込なら電話連絡、郵送物、ローンカード発行なし!(※1)家族にもバレません!
  • 10秒簡易審査 ~ 簡単な入力で融資可能かすぐに分かる!
  • 消費者金融の中では金利が低い 年利 3.0~18.0%!
  • 消費者金融の中では限度額が高い 最大800万円!
  • 当日融資も可能(※2)
  • 電子領収書サービスでプライバシーも安心。領収書や利用明細書をネットでダウンロードすることもできる。
  • パート・アルバイト・主婦でも安定した収入があれば借り入れ可能
※1 WEB完結申込の利用には三井住友銀行又は三菱東京UFJ銀行に自分名義の普通預金口座を持っていて且つ社会保険証(又は組合保険証)を持っていることが条件です。また、審査で確認が必要と判断した場合は電話連絡があります。
※2 当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。ただし、審査結果によっては希望に沿えないこともあります。

住信SBIネット銀行MR.カードローン

ダントツの低金利0.99%〜14.79%
  • ダントツの低金利 0.99%〜14.79%
  • 融資限度額 最高1200万円なので、用途も広がります。
  • 借入時のATM手数料がいつでも無料!(※1)
  • 利用明細の郵送なしでプライバシーも安心

※1 イオン銀行、セブン銀行、イーネット、ローソンATM

アコム

融資まで最短1時間!30日間金利ゼロ!クレジットカード一体型!
  • 最短1時間融資が可能!(※1)
  • 30日間金利ゼロ円サービスで今だけ借りたい人にも評判!
  • クレジットカード一体型も発行可!借りずに直接ショッピングできる!
  • 楽天銀行口座を持っていれば、24時間振込融資が可能!(※3)
  • パート、アルバイトもOK(※2)
  • 実質年率 3.0% ~ 18.0% は比較的低金利!
  • 限度額は最高 800万円!

※1 審査完了後、運転免許証(交付を受けていない方は健康保険証等)を平日14:00までにFAX送信(FAXでご契約の場合も必要書類を平日14:00までにFAX送信)し、アコムがそれを確認した場合。また、お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要です。
※2 一定の収入があれば審査のうえ融資可能。
※3 アコム又は楽天銀行のメンテナンス時間を除く。

新生銀行カードローン レイク

最大180日間の無利息も!
  • 初めての利用なら30日間無利息又は5万円以下なら180日間無利息が選べる
  • セブン銀行など提携ATMの手数料が無料。お借入れ・ご返済が24時間365日可能。
  • 来店不要で即日振込み融資(※1)

※1 平日14時までに申込みと必要書類の確認が完了した場合

スルガ銀行グループ ダイレクトワン

月々4,000円からの返済
  • 月々4,000円からのラクラク返済(お借入残高10万円迄の場合)
  • 年齢、年収、他社借入状況を入力するだけで借入可能かクイック診断できます。
  • 金利 4.9%~20.0% 融資限度額 最高300万円
  • 全国のコンビニATMが使えます。

イオン銀行カードローン

安心の銀行カードローンで低金利!
  • 融資限度額 最高800万円
  • 金利が低め 3.8% ~ 13.8%
  • 最短即日審査が可能(※1)
  • 月々1,000円からの返済
  • 全国のイオン、提携ATMでも使える

※1 原則14時までの申込は即日回答。

楽天銀行スーパーローン

入会で楽天スーパーポイントも貰える!限度額最高800万!
  • 融資限度額最大 800万円
  • 金利 1.9%〜14.5%
  • 入会で楽天スーパーポイントも貰える!
  • 月々2,000円からの返済(※1)
  • 全国のコンビニATMが利用可

※1 借入残高 10万円以下の場合。

アイフル

はじめての方最大30日間利息0円!1秒診断!30分審査!即日融資!
  • はじめての方は最大30日間利息0円!
  • 最短30分で審査結果を回答
  • 即日融資が可能(※1)
  • パート・アルバイトの方も申込可能(審査あり)。
  • 実質年率 4.5% ~ 18.0%
  • 融資限度額 最大 500万円

※1 申込の時間帯によっては翌日以降になることもあります。

信用状態によって変わってくる金額

キャッシングやカードローンは手軽に現金を借りることができる方法ですが、借りることができる金額には限度があります。この限度額は信用情報によって管理されていることが多く、これまでに支払いに関してトラブルがあった場合には限度額が変更される恐れがあります。

お金を借りるという行為はきちんと返すことができることが大前提になります。そのため、キャッシングをすることができる金額も、これまでに借りたお金はきちんと返しているのかどうかがチェックされます。1度でも返済をすることができないと信用情報に傷がつくことになり、利用をすることができる金額を減らされたり、最悪の場合にはキャッシングをする枠そのものがなくなってしまうことになります。

逆に何年間も支払いが滞ることなく利用をすれば信用情報が高まっていくので利用をする限度額も上昇していく傾向があります。

この信用情報はカード発行をする段階においても参照をされる情報であり、利用履歴においてトラブルがあるとカードを発行してもらうことができないといったようなことにもなります。お金の引き落としに関してはかなりシビアな部分があるので、引き落としができないといった状態にならないようにする注意が必要です。

キャッシングやカードローンの返済は手数料を気にしよう

キャッシングやカードローンでは必ず返済をしないといけないのですが、返済1つで損をするか?得をするか?が変わってくるので注意です。

これはどういうことか?というと、返済の仕方によって結果的に負担する金額が変わるからです。

何でそんなことが起きるのか?というと、手数料がかかるか?どうかが違ってくるからです。

手数料がかかれば、その分だけ返済金額に加えて自ら負担をしないといけない金額が増えます。

手数料は返済金額とは別ですが、1回あたり数百円くらいがかかってしまうので、それがかからない方法を選んだ方が得ということになるのです。1回あたり数百円というのは大した金額に思えないかもしれませんけど、キャッシングやカードローンを結構頻繁に利用している人ならば、その金額がどんどん積み重なり、気が付いたら割と大きな金額になっていることもあるので、あまり甘く見ない方が良いと思います。例えば、ATMからの返済ならば手数料がかからないことが多いです。

どの返済方法が手数料無料になっているか?は会社ごとに違う場合が多いので、ちゃんと確認をしないといけませんけど、ATMからの返済をすれば手数料が無料ということが多いと思うので、そこは知っておくと良いと思います。

こっそりキャッシングを利用する

お金は借りたいけど、お金を借りている所を誰にも見られたくないという人は、ネット完結のキャッシングを利用するのが良いでしょう。どんなに遠く離れていても、いつ誰に目撃されるかわからないといった不安が常に付きまとう、店舗やATMでのキャッシングと違い、ネット完結の借り入れには基本的に他者の目に触れる可能性が存在しません、全てはパソコンの前にいて行えるからです。

ネットから公式サイトを開いて申し込みをしている間に、背後に立たれてパソコンやスマホの画面を見られてしまえばアウトですから、家族にキャッシングの利用がバレる可能性はゼロではないですが、誰がいてもおかしくはない外で借り入れを行うより安全であることに変わりありません。申し込み時の画面とメールの受信にさえ気を付けておけば、家族で共有しているパソコンでも、キャッシングは達成できます。

各種証明書のデーターを送信できる環境と、ネットの中で自由にお金を動かせる口座を用意することが、ネット完結キャッシングの必須の手順です。早さよりも手軽さよりも、何よりも内密に行動できることを重んじる人は、ネットでのやり取りを快適にするそれらの準備を、速やかに済ませてキャッシング利用に備えましょう。

カードローンとクレジットカードを使ったキャッシングの違い

キャッシングはカードローンだけでなく、クレジットカードを利用しても行うことができます。この場合はそのクレジットカードに予め設定されているキャッシング枠を利用します。キャッシング枠とはクレジットカードの総枠の中の一部で、その金額まではショッピングだけでなく、キャッシングにも利用できるということです。

このクレジットカードを使ったキャッシングはカードローンと混同されがちですが、いくつかの違いがあります。まず、キャッシング枠はキャッシング用に確保されている枠ではないので、あくまでショッピングでその分を利用していない時だけ利用することができるという点です。そして、返済方法が1回払い、またはリボルビング払いのみになります。5回払いや10回払いといった回数の指定はできません。

また、キャッシングでは1回払いにした場合でも必ず金利が掛かります。ショッピングでは1回払いの場合はその商品の購入代金だけの請求ですが、キャッシングの場合は利用した日から引き落とし日までの日割りの金利も支払うことになります。

カードローンでは、返済は借り入れ金額に応じて決まる最低返済額以上を月々支払っていきます。そして、借り入れ時と同様に、ATMからキャッシングカードを利用した随時返済を行うこともできますが、クレジットカードでは原則的にショッピングでの利用分と合せて毎月の引き落とし日に支払いを行います。ATMからクレジットカードを利用した返済は行えません。

両者にはこのような違いがあります。キャッシングだけに特化して利用したい場合はカードローンを利用した方が便利なのは間違いありません。

このページの先頭へ